未分類

こんなときに認知症の人は暴れる?暴れる前に行うべき3つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

認知症の人を介護する上で、暴力・暴言は避けられない

認知症の人は介護をしていると攻撃的になって、暴力を振るう・暴言を吐くことがあります。もちろん、認知症になってもおとなしい無害の人もいますが、多くの認知症は暴れてしまうので、暴れるタイプとその対策を把握しておくことは大事です。

暴れる認知症の人のタイプ

女性にだけ暴力を振るう認知症の方

認知症の人って何も考えていないようで、ある部分では考えているときがあります。相手を見て自分より強いか弱いかを判断しているんですね。

じさまは暴力振るうタイプの認知症患者だったので、入院時はその旨申し出て「女の人は気をつけてください」と何度か言ってたら、2回目の入院からは何も言わなくても男性看護師さんがついてくださった。 男性ってだけで暴れなくなったりするんだよね。認知症になっても、ちゃんと相手を見て暴れる

相手を見て暴力を振るうか判断する認知症の方

女性にだけ暴力を振るうタイプとよく似ています。相手を見て、「この人なら暴力を振るっても大丈夫」と判断しているんですね。普段から優しい態度だけをしていると、知らず知らずのうちに舐められてしまうのだと思います。

施設長「○さんは暴れるけれど、認知症はひどくないから殴りそうで殴らないよね。殴るふりするだけだから、可愛いところあるよね」 それは相手を見ているからです。 認知症がひどくないから相手が施設長で、殴ったら退去かもしれないと分かってるからです。 私は殴られてます。

自分の家に帰りたくて暴言を吐く認知症の方

認知症の人って自分の家に対する愛情がとてもあります。そのため、施設や病院などの家ではない部分に連れて行かれるとどうしても帰りたくなってしまいます。また、施設等の初めて行く場所に対して警戒心が強くなっていることも多いです。

医療現場って看護師さんって大変だなって思う 認知症だと思われるおばあちゃんがうちに帰ると暴れる中、 看護師さん「病院に連れてきた人に文句言いなさい!」 おばあちゃん「うるさい」 看護師さん「薬飲んでください」 おばあちゃん「うるさい」 かわいそうになってきた。 誠実な対応しよ

自分の家を忘れられなくて暴れる認知症の方

認知症の人は、昔のことは覚えていますが最近のことはすっかり忘れてしまっていることが多いです。そのため、普段通り家に帰るつもりで他人の家に帰宅し、暴れてしまうことがあります。

老人ホームに入るから引き払ってもう別の人が住んでる人の家を自分の家だといまだに思っていて帰ってきて暴れる認知症の老人はいるらしいですね

腫れもの扱いされることで暴れる認知症の方

認知症の方の意外な一面ではありますが、自分の扱いが他の人と違うことに嫌悪感を抱き暴れることがあります。

病棟にいた時、認知症暴れる患者様がいた。スタッフはみんなその方を「特別な目」で見ていた。だから、「認知症のない患者様と同じ対応で、特に丁寧な言葉遣いで」とみんなに呼び掛けてみた。すると不思議と、その患者様は二度と暴れることなく、日に日に穏やかになったんだ。

薬の副作用により認知症が進行し暴れだす方

使う薬によって認知症の進行が早まると言われています。認知症が早まることにより、さらに暴れる方もいらっしゃると言われています。

線維筋痛症は、脳の機能の病気だから?? 使う薬の副作用で認知が速まる?大人しい認知症ならましだが、汚物を食べたり擦り付けたり、シーツを破ったり暴れる認知症とか。もう、そこまでなると、一人娘を困らせるくらいなら、閉鎖病棟で、鎖で繋いで貰うか、死亡した方がましだと思う。酷いからね。

気分によって暴れる頻度が変わる認知症の方

認知症の人は気分屋です。自分の機嫌が良いときは認知症と悟られないくらい普通なのに、自分の機嫌が悪いときは暴言吐きまくり、暴力振るいまくり等、落差の激しいことがあります。

いい時と悪いときの差がはげしい、まだらなのかな 認知症 暴れるか暴言があるかないかの違いだけど

認知症の方が暴れる場面、理由

認知症の方それぞれに暴れる理由があります。また、状況としては暴れる要因が複数重なったときに暴れやすいと言われています。

例としては下記のような状況です。

  • 不安を感じ、混乱しているとき
  • 感情をうまくコントロールできないとき
  • プライドが傷ついたとき
  • 体調が悪い時

認知症の方が暴れないように対策

認知症になりよく起こす問題に対し、対策を行う

下記のような人であれば、万引きという行動を起こすことを考慮しタグをつける等の対策を行っています。

似たような例で、よく放浪する人にも同様にタグを付ける等の対応が必要かもしれません。

認知症の万引きについて、警察でお話を聞いてきました。認知症は外見ではわかりにくいうえ、認知症のふりをして逃げようとしたり、暴れる人もいる。万引き被害でつぶれるお店もあり、お店の被害感情も強い。連絡先と病状を書いたカード、タグを服に着けるなど、ご本人を守る工夫が重要です。

暴れる特徴を把握し共有する

認知症で暴れる人は特徴・癖を持っていることが多いです。そんため、「おばあちゃんには○○はしてはいけない」等の暗黙のルールのようなものを作るのが良いでしょう。

認知症暴れるおばあさんのオムツ交換とか、コツを教えてもらえたら助かるんだろうけど、認知症は人それぞれ癖もあるから教えにくいのかなとも思う。ただ、どこの関節をどの向きで抑えると暴れにくいかは伝えられると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る