未分類

介護保険制度を利用するために介護認定を受ける4つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

介護保険制度を利用するのための準備

以下のことを実施する必要があります。

0.「市区町村窓口」または「地域包括支援センター」に相談

1.「市区町村窓口」または「地域包括支援センター」に申請書を提出

2.介護認定調査を実施

3.介護度(要支援、要介護)の認定を受ける

 

0.「地域包括支援センター」または「市区町村窓口」に相談

地域包括支援センター

介護保険を利用するには行政より委託されている地域包括支援センターの相談窓口に行きましょう。

地域包括支援センターは介護に関する「総合相談・支援」「介護予防マネジメント」「権利擁護」「包括的・継続的マネジメント」等を行っているところです。

ケアマネジャー、保健師、看護師、社会福祉士等の方々が総合的に支援を行っています。

「総合相談業務窓口」では、介護、福祉、医療に関する相談を行うことができます。

まずはここでなんでも相談することがおすすめされています。

下記のURLから自分の地域の地域包括支援センターを調べることができます。

地域支援マップ(エーザイ)

https://sodan.e-65.net/map/

 

市区町村窓口

申請書を提出するにあたり、どのように提出したらいいかを相談することができます。

下記のURLから自分の地域の市区町村窓口を調べることができます。

市区町村窓口(WAM NET)

https://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/kaigo/madoguchi/

 

1.「市区町村窓口」または「地域包括支援センター」に申請書を提出

申請に必要なものを用意し提出する。

・申請書

市区町村窓口で受け取るか、市区町村窓口のHPでダウンロードする。

・被保険者証

65歳以上の場合:介護保険被保険者証

65歳未満の場合:医療保険の被保険者証

・主治医意見書

主治医がいる場合:申請書に主治医の名前・病院名等を記載

主治医がいない場合:市区町村指定の医師の診察を受け、申請書に主治医の名前・病院名等を記載

2.介護認定調査を実施

申請書類を提出したら、どの程度介護が必要なのかを調査する「介護認定調査」を実施します。

介護される方の身体機能(どの程度自分ひとりで動くことができるのか、生活できるのか)、認知機能(どのていど認知症が進んでいるのか)について介護対象の方やその家族、身近な方に聞き取り調査を行います。

ここで認知症の場合、事実と異なる内容を話す可能性があるので家族の同席は必須となります。

また、介護される側としては老人ホーム等の施設にはできるだけ入りたくない人が多く

揉めることがよくあります。

3.介護度(要支援、要介護)の認定を受ける

市区町村から介護認定審査の結果を受けます。基本的に申請から認定の結果は30日以内にわかります。